婚約指輪の4Cが重要

プロポーズを受けるなら、やっぱり婚約指輪を贈られると女性は喜びます。とくにダイヤモンドの4Cが、バランスよく揃ったデザインに憧れる人が多いです。そもそも、男性の方は、ダイヤモンドの4Cという意味をご存じですか?

4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する基準のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字から名付けられています。例えば、ダイヤモンドのカラーは、無色か黄色に近いのか判断して、その石の持つ価値を厳密に決めていきます。そのため、4Cでグレードが上がれば、上がるほど稀少性が高くなるため、婚約指輪購入時は、専門家のお話しを十分に聞いてから決めた方が良いと思います。

そして、ダイヤモンドのカラット数は、0.2〜0.3カラットが主流とされ、1粒ダイヤを立て爪で留めたタイプの婚約指輪が定番です。他にも、メインのダイヤモンドが引き立つような華やかな印象のデザインや、ピンクゴールドで可愛らしく曲線を描いた物も人気があります。つまり、婚約指輪と言ってもさまざまなデザインやカラー、クオリティが存在します。どれを選んでも、「好きなデザインの婚約指輪を贈られて嬉しかった」と感じさせられるように、婚約指輪のデザインにこだわりましょう。

(参考サイト)ガラ OKACHIMACHI – 婚約指輪販売

Pocket

Published by